タカサキきんこんかん

タカサキのキンコンカンの日々

大学はハラスメントの加害者であることに自覚がないのでしょうか?

 大学の教師によるハラスメントでひどく傷つき、その傷に今も苦しんでいる娘に、何ら責任をとろうとしてこなかった大学に先日質問状を書きました。

takasakiaki.hatenablog.com

 

その回答が昨日来ました。

 

高崎 明様

平成30年10月11日

女子美術大学 芸術学部長 橋本 弘安

拝啓 先日は、遠路本学までご足労いただきまして、ありがとうございました。

先ずは、頂戴いたしました質問状(平成 30 年 10 月 4 日付)につきまして、 回答させていただきます。

本学では、「ハラスメントの防止に関する規程」を設け、在籍する全学生、教 職員の基本的人権の保障、個人の尊厳の確保、男女平等の実現を図り、健全な環 境のもとで教育、研究、学習及び労働に専念できるよう努めており、教職員のハ ラスメントに対する意識向上を目的とした研修会や、メンタルケアに関する勉 強会等を実施し、ハラスメントのない大学づくりを徹底しております。

そして、これが徹底されないという事態が生じた場合には、大学として真摯に 対応するよう努めております。

高崎様からは、これまで、お嬢様のお気持ちに配慮されてハラスメント被害と しての訴えをされないと承っておりますが、大学として、本件に関する問題点に つき、精査する所存です。この精査にあたり、高崎様、お嬢様のお気持ちを尊重 した対応を取りたいと考えております。

なお、「償い」につきましての言及もありましたが、大学としては、お父様の ご意見のとおり単に授業料返還等金銭の問題ではないと理解しております。

また、桃様につきまして、お伝えすべきこととしましては、繰り返しになりま すが、大学として精査のうえ、報告をしたいと考えております。

最後に、高崎様からは、大学の回答をインターネットで公開するとのお考えが 示されておりますが、大学としては、桃様の心情を最も重要と考え、インターネ ットによる公開は、適切ではないと考えております。

頂戴いたしました質問状に対する本学としての回答は以上の通りでございま す。またこの機会を通して、本学教職員に対し、あらためて学生対応における心 配りの大切さについて指導してまいる所存でございます。

末筆ではありますが、桃様のご快復を心よりお祈り申し上げます。

敬具

 

 

 

 あきれた内容でしたので、また質問状を書きました。

 

質問状2

 1)今回、大学はハラスメントの加害者です。にもかかわらず、被害者への回答の文書に中に、ハラスメントの被害者に対する謝罪の言葉がひとこともないのはどうしてですか?大学はハラスメントの加害者であることの自覚がないのでしょうか?大学の見解をお聞かせください。

 

2)いただいた文中に【本学では「ハラスメント防止に関する規定」を設け…ハラスメントのない大学づくりを徹底しております。】とありますが、にもかかわらずハラスメントは起こりました。しかも教授という知識も経験も豊富な人間がハラスメントをやりました。どうしてこんなことが起こったのか大学の見解をお聞かせください。こんな教授を雇い、学生の前に立たせた大学の責任についてはどうでしょうか。大学の見解をお聞かせください。

 

3)【お父様の ご意見のとおり単に授業料返還等金銭の問題ではないと理解しております。】とありますが、 こちらは授業を受けるつもりで高い授業料を払いました。娘はうつを患い、苦しい中で尚も何とかがんばって学校へ行こうとしていました。その思いを、あろうことか心ない教授の言葉でへし折られ、学校へ行けなくなったのです。授業料は返還して当然です。それだけでなく、娘をひどく傷つけ、今なおその傷に苦しんでいる娘に誠意ある償いをするのは当然のことと考えます。前回の質問に書いた「授業料を返せばすむ、といったレベルの話ではありません」というのはそういう意味です。

 月並みな謝罪の言葉ではなく、傷ついた娘の心にしっかり届く言葉を考えるべきです。娘の心に届く言葉と誠意ある償い、大学としてどうするのか、見解をお聞かせください。

 

4)【高崎様からは、これまで、お嬢様のお気持ちに配慮されてハラスメント被害と しての訴えをされないと承っております 】とありますが、ハラスメント調査委員会に訴えを出さなかっただけで、ハラスメントがあったことは事実であり、そのために娘が学校へ行けなくなったことも事実です。その事実を知りながら、被害者へ謝罪の言葉一つ届けなかったのはどうしてですか?

 【これが徹底されないという事態が生じた場合には、大学として真摯に 対応するよう努めております。】と、ありますが、今回のハラスメントがあってから2年以上たちますが、大学から被害者への謝罪は全くありませんでした。文書にあった【真摯な対応】はウソですか?

 なぜ娘に対してハラスメントという犯罪を犯しながら、謝罪もしないのか、大学としての見解をお聞かせください。

 

5)【精査のうえ】とありますが、今から2年以上も前のハラスメントを調べるのでしょうか?ハラスメントが起きたとき、精査はしなかったのでしょうか?ハラスメントによって傷ついた生徒が学校に来られなくなる、というのは大変な事態だと思いますが、そういう認識はなかったのでしょうか?大学としての見解をお聞かせください。

 

 

★前回出した質問も今回の質問も、今回のハラスメントに関し、被害者がどう思っているか、何を求めているのか、をわかりやすく具体的にまとめたものです。質問の一つ一つに丁寧に答えることが、【大学として真摯に対応する】ことだと思います。前回は三つ、今回は五つの質問を出しています。その一つ一つにきちんと答えてください。誠意ある回答を期待しています。